スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無駄にFF

7月6日(月) 曇り


昼休みにヒロが「今日FFしよ!」って言ってきた。
誘われればどこへでも行く僕は、当然のようにOKした。

前のFFの時には、YMCCのKんじさんがいたので誘ってみたが用事があったらしく断られた。
とりあえず、社会人パワーが欲しかったので、社会人2年目のYじさんに連絡をとってみた。
仕事をしているのかを疑うくらい早い返信をくれた。


「いくいく~」

本当に仕事をしているのか疑った。


16時頃
「もう仕事終わったから ・・・・・ 」

本当に仕事をしているのか疑った。


僕はまだ授業があったので + ちょっと練習もしたかったので
17時35分の八バスで帰ることにした。

帰りのバスの中で、ちょっと連絡をするのが遅かったと思いながらメールを送った。


返信:
「バス降り場にいるね」

本当に仕事をしているのか疑った。


一言:
「暇だったからhappy hourで飲んできた。」

本当に仕事をしているのか疑った。



とりあえず、FFに向けての準備運動も兼ねて
100円ローソンで

餃子18個入り  ×10  = 180個
淡麗500ml   ×9   = 4.5ℓ

を買って、naokiん家で宅飲みをすることに。

最悪3人でも消費できるとこの量を買ったが、餃子を50個くらい食べたところで
限界が見えてきた。

※3人目はhiroです。

今回のテーマは「後悔」だったので、とりあえずの成功を収めた。
が、まだ、130個残ってる・・・・・。

しかーし、今回は珍しく Tまい と TTお を昼に誘って、いいよという返事をもらっていたので、
連絡を取ることにした。


「来るの?」
とか直で聞くのはなんか嫌だったので、
「淡麗10本買ってきて」
にした。
そしたら、
「大きさは?」
って来たので、来るんだーと3人で盛り上がり
「500ml」
と返信。

・・・・・ちょっと多かったかな~

でも、大丈夫でした。
今回のテーマは「後悔」でした。


19時過ぎにTまいとTTおが来た。
残りの餃子をTTおが食べだす。

おいしいという彼に3人で一言。
「最初はね」



20時30分頃、やはりそろそろ飽きてきた様子。
そこで、最近、巷で有名な”青缶のしゅう”が登場。

軽快に消費していくが21時30分頃、タイムリミットが来たので終了。



22時頃、Mcに到着。
ついに、FFが始まった。


※FFとはふぃーれおふぃっすぅのことである。
※FFとは↑を喰らいまくることである。
※FFとは↑で後悔することである。


先陣をきったnaokiがとりあえずFFを人数分の6個を買った。
餃子を喰い、飲んではいたが、一個目はまだ大丈夫かな。

2番手はYじさん。
FFとMPorkを人数分。

社会人PLAYキターーー!!!!
ちょっと無理かな。

3番手は企画者hiro。
とりあえずFF人数分。
みんなに遅れが見えだした。
っつーか、食えねーし。

4番手は青缶のしゅう。
もちろんFF人数分。
・・・・・・

5番手はもう一回Yじさん。
McPorkを人数分。
・・・・・・重い・・・・・・。

6番手にTTお。
何を思ったか、えびフィレオとビックマック。
オワターーーー。。。。


こんな感じ。


最後に、こんなくだらない学生PLAYに付き合っていただきありがとうございました。
またのご参加をお待ちしております。



以上。


次回「彦星と織姫?」へ続く。

スポンサーサイト

美味しいけどさ、夏の海に行くにはFFは完全にアウトじゃないのかw
こらこら。
ちゃんと仕事してるっつーのw

海はぎりぎりセーフだと思います。

Yじさんも行きますか?
こっちも大変だったんだぞ!
ちょうど混んできたしw

でもハーフ13,000円。売上貢献さんきゅーwww
行かなくて正解だったような、
楽しそうで行っとけばよかったのか・・・。
いや、行かないのが勝ちか・・・?w

Yじはよく釣れるねぇ。
naokiへ
いくいく~

K太へ
ローソンで餃子180個買った時点で負けが決定しました。
ちょwww
なんか…。。。

なんかいいなぁ~♪

勤務地八王子にすればよかったぁ~~~!!











管理者宛の投稿

このブログについて

TUTCC

Author:TUTCC
TUTCCの活動記録です。
合宿などのイベント報告や試合の結果をお知らせしていきます!

他にもTUTCCのメンバーでちょっとした日記を書いたりと少しだけ自由な空間となっています。

最近の記事
最新コメント
月別の記事
カテゴリ
アクセス
検索フォーム

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。